光コラボレーションはどんどん普及すべき

ネットの世界は料金も基本横並びであまり金額面で差はありません。プロバイダによって回線の安定度は変わりますが、プロバイダ間で1000円以上違うことはまずあり得ません。

そんな状況が長く続いていましたが、2015年から光コラボレーションがスタートしたことで変わりつつあります。今までフレッツ光とプロバイダで2つのサービスに料金を払っていましたが、プロバイダがまとめて回線を提供することで、独自の料金プランやサービスを打ち出せるようになりました。

プロバイダによって光コラボレーションの内容はかなり違います。サポートに力を入れているところもあれば、不要なオプションは無しで限界まで料金を下げたところもあります。

ここで大切なのが使用する私たちユーザー側がどれが自分に一番マッチしているかを判断することです。せっかくの光コラボレーションも自分の使い方に合っていない会社を選んでしまうとお得では無くなってしまいます。

ネット関係には疎かったり、専門用語ばかりでどうも苦手という人におすすめのが比較サイトの活用です。条件別に絞り込むことができるので、自分の使い方にソートしましょう。

中でも代表的なのは失敗しない光コラボ比較です。最新情報で構成されているので、間違った情報に踊らさられることもありません。迷ったらこのサイトで決まりです。

法人向けインターネットサービス

インターネット用回線は、現在ではフレッツ光などの光ファイバーによるサービスが主流となっております。

今でこそ光ファイバーのインターネット回線は、フレッツ光を代表するFTTH(Fiber to the Home)により普及がされておりますが、これが普及するまではISDNやADSLによる電話回線を利用したサービスが一般的でした。

光ファイバーによるインターネットは、家庭用が普及する前は、OCNなどによる法人向けサービスでは利用がされていました。

しかし、当時の法人向けサービスは、光ファイバーの専用回線を利用した高価なサービスでありました。速度も今のような100Mbpsや1Gbpsなどではなく、1.5Mbpsなどの速度で価格も数十万円をするサービスでした。

今のサービスと比べると考えられないような内容ですが、品質が保証されていたり、保守対応がしっかりしたりと法人向けに特化したサービスのため、必要とされる企業にとっては利用がされておりました。

しかし、FTTHが普及した現在でも、このような法人向けサービスは普及しています。インターネットビジネスを行っている企業や、データセンターで使うインターネットのバックボーンなどでは、このような高品質サービスを利用をされています。

もちろん速度は1.5Mbpsとはいきませんが、数十Mbpsから100Mbps程度の速度が主流となっております。法人向けサービスは、FTTHとは異なり回線帯域が保障されており、回線の混雑により品質が左右されることなく、安定して利用することができます。

ソフトのダウンロード版を利用するのなら光回線がベスト

大容量のデータ送受信にかかせないのが光回線ですが、その本格時代に突入する前に、光回線とは何かということをクローズアップしていきます。

まず光回線とは、インターネット接続のための回線で最近では各家庭にインターネットケーブルが引かれていることが多くみられます。

一部の家庭にはまだインターネットケーブルを導入していないとしても、ほとんどの地域ではフレッツ光などでは、電柱までは引かれており契約後速やかに家庭への接続のための工事ができるようになっています。

光回線は、これまでのインターネットケーブルより高速での通信が可能で、インターネット接続の初期のADSL回線でのサービスがもうじき終わることなどから、積極的に光回線への乗り換えが進んでいます。

それでは、光回線への乗り換えがいいと思われる場合はどういうときでしょうか。

それは、インターネットが遅いと感じるときです。光回線は、高速での通信ができつまり大容量のデータでも停滞することが少ないのです。

そのため仕事などで大容量のデータ送受信をするユーザーや、オンラインゲームや動画などで大容量のコンテンツを受信するユーザー、またパソコンのアップグレードなどをパッケージ版ではなくて、ダウンロードするユーザーなどに適しています。

最近では、多くのソフトがパッケージ版だけでなくダウンロード版も増えてきているので、そうしたものを利用するのであれば、間違いなく光回線がベストではないでしょうか。

パソコンが生活を支える現代社会ではそれに伴いインターネットケーブルの光回線への切り替えが必須ではないのでしょうか。

ソフトバンク光は初心者でも安心

インターネット接続と聞くと苦い顔をする方も多いのではないでしょうか?私もそうでした。いつもインターネット接続をする際にはトラブルに巻き込まれて一回でインターネットを失敗なく接続出来た事はありません。

過去には電信柱にありが沢山いたみたいで電波が入ってこない、台風で電波がしっかりつながらなくなっていた等、引っ越す度にインターネットを新たに接続するのですが設定をする前にまずそういったトラブルに巻き込まれます。

そしてその後に設定する時、とにかく意味が分からなかったです。サーバー名を入力したりしてインターネットの設定をするのですが、当然分からないのでいつもその為にリモートサポートサービスに加入して遠隔操作で行って頂いておりました。

それ程機械いじりが苦手な方からしたら接続設定というのはやりたくない事なんですが、今回ソフトバンク光は申し込みの時にも聞いていたのですが、差し込んで頂くだけでもう有線のインターネットは使えますとの事でした。

私は素人ながら無線で利用したかったので、無線での契約も以前のインターネット会社でもしたのですが結局使い方が分からず無駄にお金だけ払い続けて1回も使えないで終わってしまったのですが、今回のソフトバンク光ではインターネットの無線サーバーを選び、コードを入力すればいいというのを前もってソフトバンクの方が教えて下さり、単純な内容で接続設定を行う事ができました。

正直絶対なにかトラブルがどうせあるんだよ。と思っていたのですが、何のトラブルもなくインターネット工事のその日からすぐに利用しております。

無線も繋がり携帯のギガ数をいつもオーバーして困っていた妻もとても喜んでおります。素人でも簡単に接続できるインターネット、これは高齢の方にもオススメです。機械音痴の私でもできたので大丈夫です。

ドコモ光にかえてしまった話

1年前にフレッツ光から地元CATV会社のインターネットに替えていました。当然、光回線だったのですが、月額料金が1000円ほど安くなるということからでした。

しかし、モデムのレンタル料が新たに追加されたこともあって、その差額は数百円しかありませんでした。通信スピードはフレッツ光より速い回線メニューでしたが、サイトを見る時やファイルをダウンロードする時の体感速度はあまり変わらない感じです。

しかも、深夜になるとCATVのラインがたまに止まるのが、インターネットが使えないケースもだったのです。

このような状態だと家族全員がインターネットをよく使うこともあり、不便さはフレッツ光より大きくなっていました。

そこで見直しに浮上してきたのが、ドコモ光です。
CATVのインターネットは契約後2年縛りであったので、途中で解約するのは解約金が発生してしてしまうのですが、家族全員が使っているスマホの契約料金も含めて割引きが発生することもありま、そちらに乗り換えることにしたのです。

家内とも息子がスマホの更新をした時にせっかくであればということでのインターネット更新です。

ドコモ光は元がフレッツ光というのともあり、勝手はよくしっています。
NTTの光回線なので、安定もしています。夜中に回線がダウンしてインターネットが使えないということはありません。

また、今まではバラバラに支払っていたスマホもまとめて支払うようになり、家族の通信料はとても安くなり助かっています。

光回線で助かった印象と拡大する情報

インターネットが速いことは作業をするためには絶対の条件だと思います。私はフレッツ光が好きなのでそういうサービスを使って高速のネットワークを使います。これらの光回線は便利なので手放せない内容だと感じています。

フレッツ光はインターネットで検索すると直に名前が登場するので高性能なものだと思います。実際には知り合いたちもフレッツ光を使っているのでその内容は信頼できるものです。またサービスの紹介が上手い点もあって私は常に感心します。

個人的にはインターネットで調べることや仕事があるので速い回線が必要です。私は色々なサービスを探してそれらを比較したこともあります。実際に光回線はユーザーが高く評価している印象があって私には都合が良いものでした。

今はフレッツ光の情報も拡大していて多くのサイトでお勧め文があります。私はそういった内容を見ると適切なことが書かれていると思います。実際にフレッツ光が速いことは証明されているので信頼できる情報です。

インターネットで光回線にすることは今では良い環境へと繋がっています。更に情報も拡大しているので色々なサイトの内容を参考にしやすいです。やはりフレッツ光を選択するとメリットがあるのでそれに決定するのは容易です。

様々な光回線が登場している今ではユーザーの感覚で決定して良いと感じます。第一にインターネットが速ければプロバイダーの評価はあまり関係ないと思っています。しかし速いサービスを提供している会社は自然に評価も上なのです。

光コラボやフレッツ光のプロバイダ情報を集めました。特に乗り換え検討中の人におすすめです。